2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter

無料ブログはココログ

くらしのファイル2 プチプチで窓の断熱

 東京も大雪が降って寒いですね。

 最近引っ越しをした友人が「前の部屋より寒い。どうやら窓から寒気が入ってくるみたい」と言います。窓からの寒気を防ぐなら、長めの遮熱(保温)カーテンが基本ですが、プチプチを貼るのもお勧めです。
 プチプチ、つまり梱包でおなじみのエアーパッキンですが、今はスーパーなどでも断熱材として売られています。安価で手軽に貼れるので賃貸住宅などリフォームできないところに向いていますが、本格的に家屋の建築施工時に断熱材として用いられるアルミ製のものもあるそうです。
  
Puchipuchi1_2


 直接ガラス面に貼るのは複層ガラスの原理。断熱用はそれ自体が複層プチプチで(両表面とも平ら)直接板ガラス面に密着させて使うことを想定しています。梱包用をガラス面に貼るときは、プチプチ面をガラスに向けて貼ると、空気層ができ複層ガラスの原理になります。
 ガラスに直接貼る方法は、大きな窓や、開け閉めが頻繁なところは適していますが、ルーバー窓(ガラリ窓:ハンドルを回すことで複数あるガラス板の角度を変えて開け閉めする)には不向きです。

 窓枠にプチプチを貼るのは二重窓の原理。滅多に開けなくて良い小窓なら、サッシや窓枠を覆って貼ったほうが遮熱効果が高いと思うのですが。なにしろサッシそのものが冷えますし、窓枠まで覆ったほうがすきま風も入りません。これも、プチプチ面を窓側に向けたほうが暖かい気がします。
 
Puchipuchi3
 
 トイレの滑り出し窓(下側が外に向かって開く)に梱包用プチプチを貼ったところです。このトイレは別に換気扇がついているため、冬は開ける必要がないので窓枠よりも一回り大きく貼りました。花粉の時期が過ぎたら剥がして、夏は風通しをよくする予定です。
 両面テープで留めていますが、剥がした跡が残らないようにするなら、壁や窓枠にマスキング(養生)テープを貼って、その上に両面テープで留めます。いまは模様入りのマスキングテープも流行っていますから、DIYが好きな方は工夫してみてください。断熱用とは比べていないのですが、梱包用でもいままでとは雲泥の差。 トイレや洗面脱衣室のヒートショック予防対策の第一弾としてお勧めです。
  

 知り合いの事務所に行ったら、玄関ドアの郵便受けを内側からプチプチで覆っていました。1LDKのマンションを事務所にしていて、ドアを開けたらすぐDKという間取り。郵便受けはマンションの入口にあるからこれは使わないので防寒対策、とのこと。凸凹が大きいところには梱包用のほうが覆いやすいです。
 かっこ悪いけどね、と言ってましたが、プチプチ便利です。