2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter

無料ブログはココログ

« エスカレーター「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーン 2014 | トップページ | 武蔵野市民文化会館改修案について(パブリックコメント) »

キャンペーン中なのに…。(駅のマナー啓発ポスター)

 JR吉祥寺駅の改札(内)フロアと三箇所の改札付近(外)を注意して見たのですが、「みんなで手すりにつまろうキャンぺーン 2014」のポスターがありませんでした。そういえば吉祥寺駅は去年もそうだったのです。駅構内に貼リ出したのはキャンペーン期間が随分経ってからでした。

 8月1日現在の吉祥寺駅改札フロアは…。 

1、2番線千葉方面階段に
P01_3


1、2番線三鷹方面エスカレーター側は

P03_2


3、4番線エスカレーター上り口(東京方面寄り)に、<酔っ払いのホーム転落注意>のポスター。
P04_2

3、4番線高尾方面よりエスカレーター側にも、1、2番線千葉方面階段と同じ<閉じかけたドアに「カバン」や「かさ」を入れないでください>のポスター。

さらにこんなポスターも。
P02_2


 コンコースの柱にも、壁にも、至るところにマナーを呼びかけるポスター。これだけあったら、どれだけマナーが悪いんだって話になってしまいますが。
 ですが同じ内容のものが何枚も貼られているのに、キャンペーン中の「みんなで手すりにつまろうキャンぺーン 2014」のポスターが一枚もないのはどういうわけ? 現場はこのキャンペーンに及び腰なのでしょうね。
 
 こうした状況はJRだけではありません。外出時には意識してみていますが、利用した駅で見かけることがほとんどありません。都営地下鉄なんて目に見えない障害の「ハートマーク」の活動をしているのに、このキャンペーンに理解がないとは不思議です。
 目につかないところにポスターを貼るキャンペーンなど意味がないし、ましてやつくったポスターを貼らないキャンペーンなど、事故が起きたときの言い訳のようなもの。「いやあ、我が社は啓発活動をしていたんですが」ってね。実態のないキャンペーンなどやらぬほうがマシです。

 

« エスカレーター「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーン 2014 | トップページ | 武蔵野市民文化会館改修案について(パブリックコメント) »

ユニバーサル・デザイン/バリアフリー」カテゴリの記事

共生社会」カテゴリの記事