2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter

無料ブログはココログ

« 手すりの効用 ―― JR品川駅、その後。 | トップページ | キャンペーン中なのに…。(駅のマナー啓発ポスター) »

エスカレーター「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーン 2014

  7月22日からはじまったエスカレーター「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーン。写真はJR荻窪駅のエスカレーター脇に貼ってあるポスターです。


Esuka14

今年のコピーは「エスカレーター、なんで歩くとあぶないの?」。残念ながらエスカレーターに乗っていると答えは読めませんが、「危ないんだ」ということはわかります。以前よりキャンペーンの趣旨がわかりやすくなりましたね。でもなぜ動物なんだろうなあ。

 このキャンペーンは2010年の春にはじまり、11年は催されず、12年から毎年夏期に行われるようになりました。10年のキャンペーンは期間が短かったし、トライアルのようなものだったでしょうか。

 資料によると、その趣旨、「昨今駅においては、お客さまがエスカレーターをご利用になる際に、ご自身でバランスを崩して転倒されたり、駆け上がったり駆け下りたりした際に他のお客さまと衝突し転倒させるなどの事象が発生しています。お客さまのお怪我を防止するために、ご利用の際には手すりにつかまるなど、安全なエスカレーターの利用について鉄道事業者が共同で呼びかけを実施します。」(12年)。

 13年は 「昨今駅においては、お客さまがエスカレーターをご利用になる際に、ご自身でバランスを崩して転倒されたり、駆け上がったり駆け下りたりした際に他のお客さまと衝突し転倒させるなどの事象が発生しています。また、エスカレーターで歩行用に片側をあける習慣は、片側をあけて乗ることのできないお客さまにとって危険な事故につながる場合もありますので、みんなが安心してエスカレーターを利用できるよう「みんなで手すりにつかまろう」等の呼びかけを実施します。」と、片側をあける習慣の危険性を加えました。

 12年の実施事業者は「関東・中部・関西の鉄道事業者25社局」、13年は「北海道・関東・中部・関西の鉄道事業者27社局、商業施設、森ビル、(一社)日本民営鉄道協会、(一社)日本エレベーター協会」、今年は「全国鉄道事業者42社局、商業施設、森ビル、(一社)日本民営鉄道協会、(一社)日本エレベーター協会」と参加する事業者が増えています。去年の27から今年の42社局とは、すごい伸びですね。商業施設の参加数は書いてありませんが、この商業施設って駅ビルなどの鉄道関連会社が所有する施設でしょうか? 
 以前は、そっと目立たぬ場所に貼っていたところもありましたが、今年は、ポスターの掲示、ディスプレイ広告の掲載の他、ポケットティッシュの配布もするそうです。ティッシュの配布って、積極的に個々人に働きかけるということですから!

 どうやらこのキャンペーン、拡大し定着したようですね。その効果を期待しています。


 
<関連記事>
お気づきですか? エスカレーター「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーン
http://minazuki-branch.cocolog-nifty.com/review/2013/08/post-403b.html

エスカレーター「手すりにつかまろう」キャンペーン その後
http://minazuki-branch.cocolog-nifty.com/review/2013/09/post-3eb2.html

エスカレーター「手すりにつかまろう」キャンペーン 去年のポスター
http://minazuki-branch.cocolog-nifty.com/review/2013/10/post-31f8.html

« 手すりの効用 ―― JR品川駅、その後。 | トップページ | キャンペーン中なのに…。(駅のマナー啓発ポスター) »

ユニバーサル・デザイン/バリアフリー」カテゴリの記事

共生社会」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

高齢者」カテゴリの記事