2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter

無料ブログはココログ

« 秋葉原のエスカレーター事故 | トップページ | くらしのファイル2 プチプチで窓の断熱 »

井の頭恩賜公園のかいぼり

 1月28日。井の頭恩賜公園で、井の頭池(お茶の水池・ひょうたん池)のかいぼり作業をみてきました。
 「かいぼり」とは、魚類を捕るために池の水を汲み出すこと。かいぼりをすることで、外来種の駆除と水の浄化を図るのだそうです。28年ぶりの「かいぼり」、ということは私は前も見ているはずですが…。
 

Kaib

 水を抜く作業は1月18日から行われて、現在は干上がっている状態です。自転車が200台あまり、池の中から引き上げられたのはニュースにもなりました。ゴミを回収したり、生物を捕獲したり、大変な作業ですね。この日は平日でしたが、小学生の団体が池に入っていました。校外学習かな?

 
Kaib3_5


 
 隣接する弁天池は水を抜いていないので(護岸が弱いそうです)、弁天堂はいつも通り。さすがに弁天様の前では不法投棄は憚られると思いたい。捕獲した在来生物の避難所にもなっているそうな。
 
Kaib4_3


 お茶の水(水源)付近のお茶の水橋は、普段は見えない橋桁が見えます。

Dsc_0761_2


 
かいぼりについての詳細は、井の頭恩賜公園100年実行委員会のサイトへ。
http://inokashirapark100.com/index.html

« 秋葉原のエスカレーター事故 | トップページ | くらしのファイル2 プチプチで窓の断熱 »