2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter

無料ブログはココログ

« 暮らしのファイル1:玄関の段差 | トップページ | 井の頭恩賜公園のかいぼり »

秋葉原のエスカレーター事故

 昨年JR秋葉原のエスカレーターの手すりに指を挟まれ9人が重軽傷を負った事故の原因が発表されました。

 (毎日新聞http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140128-00000036-mai-soci)

 利用客の手荷物の木製板が、ステップに押し上げられて、ベルトを破損したことのこと。

 平たく言うと、木製板が手すりの下部にはまっちゃってベルトが壊れた、ということでしょう。手荷物の取り扱いは慎重に。
 そんなにベルト側によって乗っていたというのも、片側乗りの習慣からではないでしょうか。
 片側乗り、本気で考え直しましょうよ。

 
 破損とまではいわないまでも、エスカレーターのベルトに掴まるのが、嫌なときがあります。大抵は、汚れているときなのですが、たまに不安定なベルト(横に微かに動く)だったり、速度が微妙に、ホントに微妙にステップとあっていないことも。
 秋葉原の事故は偶発的なものですが、こちらは定期点検を入念にお願いしたいものです。


« 暮らしのファイル1:玄関の段差 | トップページ | 井の頭恩賜公園のかいぼり »

ニュース」カテゴリの記事

ユニバーサル・デザイン/バリアフリー」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事