2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter

無料ブログはココログ

« マネとモダン・パリ | トップページ | お気に召すまま »

2番目、或いは3番目

 ナイロン100℃ 35th SESSION 「2番目、或いは3番目」(於 本多劇場)を観た。

 原因は天災なのか、或いは戦争のような人為的なものなのかわからないが、荒れ果てた町に、綺麗な身なりをしたよそ者たちがやってくる。自分たちの町も被災したが、この町のほうがヒドイ。だからお役に立てればと……。
 町の人たちは、ギリギリの生活を強いられながらも、生活の知恵があり、笑いもする。お手伝いをするはずのよそ者たちのほうが疲れているようだ。

 ちりばめられたナイロンならではの笑いの中に、政府に見放された人々、住む土地、善意の欺瞞、複雑な人間関係、難民、ごまかし……。

 相変わらず、犬山イヌコ、峯村リエ、松永玲子、村岡希美ら、個性的な女優たちがいい。客演の(といっても準レギュラー?)緒川たまきも、元教師の役でいい味をだしている。しっかりと演技を受けるみのすけ、三宅弘城、マギー(この人も準レギュラー?)。大倉孝二は得意な役所で、自由自在といった感じ。

 ラスト近くの、二人ともよそ者のジョゼッペ(小出恵介・客演)とダーラ(峯村リエ)の会話が印象的だ。

« マネとモダン・パリ | トップページ | お気に召すまま »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79105/48855101

この記事へのトラックバック一覧です: 2番目、或いは3番目:

« マネとモダン・パリ | トップページ | お気に召すまま »