2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter

無料ブログはココログ

« 受験シーズン | トップページ | 『2011年  新聞・テレビ消滅』 »

『TALK LIKE SINGING』

  「TALK LIKE SINGING」。作・演出 三谷幸喜、作曲・音楽監督 小西康陽、主演 香取慎吾のミュージカル、東京凱旋公演だ。

 メロディをつけて歌うことでしかしゃべれない青年ターロウ(香取)は、社会に受け入れられない。そんなターロウを治療する精神科医のダイソン博士(川平慈英)と、言語学者のニモイ(堀内敬子)。ターロウの数少ない理解者は、これまたちょっと変わったブラザー(新納慎也)。ターロウに接しているうちに、ニモイはターロウから歌を取り上げることに疑問を持ち始めるが、ダイソンは学会で注目を浴びることを目論み治療を続ける……。

 三谷さん、巧いな。ニューヨークで初演されることを念頭に置いて、日本語と英語の台詞と、音楽を巧みに使っている。万国共通の言葉と言われる音楽を正面から扱い、そしてタモリがよく指摘するミュージカルの「突然歌いだす不自然」を逆手にとった設定。英語にも日本語にも字幕や通訳がつき(その付け方にも工夫が凝らしてある)、そして自分と違う人を受け入れる、ということを問う。メッセージ性のある素敵なミュージカルになった。
 
 香取あっての企画だったらしい。ターロウは純粋な青年で、香取の笑顔やおおらかさがとてもいい具合に活かされている。だから、この人あっての、というのは頷ける。が、香取を支える三人の俳優が、これまた素晴らしいのだ。
 オープニング、英語のトークで観客を笑わせ、一気に芝居に引き込む川平。英語はこの人に負うところが大きいし、進行役で、歌もダンスも、隠し(?)芸も見せる大活躍。この人がいなかったら、この芝居は成り立たなかったんじゃないか、と思う。
 一人何役もこなす堀内と新納。歌もダンスも、この二人にいまさら「上手い!」といっては失礼なのだが、やっぱり上手い。堀内が持つ透明感がニモイにあっているし、バイト先の店長もブラザーもニューヨークを意識したキャラクターだと思うが、これらキワモノっぽい役をすべて引き受ける新納はカッコイイし、本人も面白かっただろう。三人ともホントに芸達者だ。香取も含めて三谷作品常連の役者たちで、信頼している役者を集めて(もちろんスタッフもなんだろうが)、三谷さんがニューヨークに乗り込んだ、といったところなのだろう。三谷作品ならではの小さなギャグもいつもどおり詰まっていたし、ときどき舞台上で見せる早着替えの様子や、バンドの使い方もオシャレだった。

 テレビで、ニューヨーク公演の様子を見た。ニューヨーク公演の劇場は850席、東京公演の赤坂ACTシアターは1320席余と、一まわりACTシアターのほうが大きいが、つくりは似ているみたいだ。ニューヨークでも好評だったようだが、東京公演も沸いていた。観劇後は幸福感に包まれ、帰り道は「TALK LIKE SINGING」のフレーズが頭の中でまわっていた。

 「チケット争奪戦で絶対無理!」と半ばあきらめていたが、一般発売日後に空席を見つけたラッキーな公演だった。何事も「あきらめない」が、肝心!

« 受験シーズン | トップページ | 『2011年  新聞・テレビ消滅』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79105/47603846

この記事へのトラックバック一覧です: 『TALK LIKE SINGING』:

« 受験シーズン | トップページ | 『2011年  新聞・テレビ消滅』 »