2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter

無料ブログはココログ

« ウィーン・フィルの室内楽 | トップページ | 傘の自動販売機 »

中村紘子 ピアノ協奏曲の夕べ

  「いいな!」と思うと、何回か追いかける癖がある。
 ゴールデンウィークに、大賀ホールで中村紘子のリサイタルを聴き、感動したので、今回はオーケストラとの協奏曲だ。一週間前にチケットをとったが、聴いて良かった。

 場所は東京文化会館大ホール。指揮は大友直人、オーケストラは東京都交響楽団。

曲目は、
 
モーツァルト  ピアノ協奏曲第26番 ニ長調 K.537「戴冠式」

三善 晃  ピアノ協奏曲 

ラフマニノフ  ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18

 3曲とも個性が違って、面白いコンサートだった。現代音楽を演奏したのは意外な感じがしたけれど、迫力の演奏。作曲者の三善さんも客席にいらしていて、拍手を送られていた。
 一曲、一曲が素晴らしかったが、圧巻はやはりラフマニノフ。聴衆にとっても馴染みの曲だし、ホール全体が一体となって盛り上がった。

 中村さんは、自分のパートが休みだと、演奏しているパートの奏者をじーっと見つめている。集中して音を聴いているんだろうけれど、若い奏者にとっては先生が二人いる(大友さんと中村さん)みたいだろうな。
 今回も手が見えない席だったのだが、ペダルを踏む足の動きが激しい! 

 ラフマニノフを弾き終わると、客席から熱い拍手が長く続き、オーケストラとともに何度も応えたが、「手が疲れたので」というジェスチャーをして、アンコールはなかった。 これも潔い。
 ラフマニノフ第2番の余韻を楽しみながら、帰路についた。


 

« ウィーン・フィルの室内楽 | トップページ | 傘の自動販売機 »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79105/45656397

この記事へのトラックバック一覧です: 中村紘子 ピアノ協奏曲の夕べ:

« ウィーン・フィルの室内楽 | トップページ | 傘の自動販売機 »