2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter

無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2008年2月 »

2007年10月

国立新美術館(トイレ考)


 行くたびに気になって覗いてしまう、国立新美術館のコーンの中の多機能トイレ。

 お断りしておくと、今現在の私は、多機能トイレのニーズがあるわけではない。いわゆる「女子トイレ」でOKだ。でも、将来歳を取ったときにお世話になることもあるでしょう。車いすの知り合いが苦労しているのも見ている。
 まだ元気なオバアサンが、「トイレが使いにくいところには、行けないのよね」という。乳児連れのおかあさんたちの話も聞いた。別にネホリハホリ、こちらから聞き出すわけじゃないけれど、何かの拍子に話題にのぼる。
 遊びたいから、外出したいから、その施設のトイレも気になる。たぶん共感してくれる女性は多いんじゃないだろうか? その延長上に、多機能トイレがあるだけだ。

 さて、コーンの中の多機能トイレ。
 洗面台の下にゴミ箱が置いてあって、それじゃあ車いすの人が手を洗うときに不便だろうという話だった。
国立新美術館(続)
日展100年

じゃあ、これはどう?071012_14040002

 ベビーシートの向かいが入口だが、車いすは便器にむかって斜めに動くだろうから、ここなら車いすの移動にも邪魔にならない。
 洗面台の側に手ふきのペーパーが備えてあるわけではないから、洗面台の側にゴミ箱を置く必要は、あまりない。むしろ、ベビーシートの側のほうがおむつ替えに便利でしょう。ベビーシートを開くのにも、邪魔にならない位置だ。すごーく素直に考えた。これならいいかも。 

« 2007年9月 | トップページ | 2008年2月 »