2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter

無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年7月

金比羅宮書院の美 応挙・若冲・岸岱

 東京藝術大学大学美術館で行われている『金比羅宮書院の美 応挙・若冲・岸岱』を観た(9月9日まで)。
展示には直接関係ないが、

 この夏は、
 上野の山へ
 シュラシュシュシュ。

というコピーが優秀。「金比羅船々」、歌っちゃうよ。

 金毘羅船々
 追い手に 帆かけて
 シュラシュシュシュ
 回れば 四国は
 讃州 那珂の郡
 象頭山 金毘羅大権現
 いちど まわれば

 でも、なんで知っているんだろう。たしか、音楽の教科書にも載っていたような…。
友だちは、「学校で輪唱した」と言っている。そういえば、先日観た『舞妓Haaaan!!!』でも、祇園のお座敷遊びで歌われていたっけ。

 今回の展覧会は、--表書院と奥書院を飾る襖絵130面を移動し、両書院の壮麗な絵画空間を可能な限り展示室に再現します。--ということで、床の間や壁で移動できない絵は見事な複製が造られていたり(なんでもCanonの技術なのだそうだ)、他にも畳敷を連想させる工夫もあったり、平面的な絵としてではなく、空間を体験できるのが嬉しい。3階の会場の造りもあって、表書院と奥書院がはっきり分かれた展示になっているのもいい。
 
 サブタイトルに、-応挙・若冲・岸岱-とあるが、なんといっても応挙。
 
Geko01_1
 円山応挙 「遊虎図」(部分) 表書院 虎の間 
雄々しく勇壮でいながら、どこかユーモラスな虎たち。

Geko03
 円山応挙 「遊虎図 」(部分) 表書院 虎の間 
 水を飲む姿が、なんともカッコいい! 

Geko04
 伊藤若冲「花丸図」 奥書院 上段の間 
 溜息がでるくらい、ひとつ、ひとつ丁寧に書き込まれているし、花で部屋を埋め尽くすような発想にも感心する。けれど、その部屋に自分が通されて座っていることを想像すると、息苦しいというか、なんというか。この部屋に長居はしたくないと思うのだ。室内装飾としてはどうなの?

 逆に美術作品の評価としてはどうなんだろうと思わないでもないが、通されて落ち着くなら富士山の墨画、頓田丹陵「富士一の間」が好き。
  
Geko02
 円山応挙 「遊虎図 」(部分) 表書院 虎の間 

 でも、やっぱり応挙の「虎の間」が最高! というわけで、展示会場をもう1周して「遊虎図」。
 目を見開いた虎が迫ってくるようで怖くない? あの太い脚で捕まえられたら…。
 いえいえ、可愛いじゃないの? この後、金比羅宮、三重、フランスと巡回するそうだが、フランスの会場はギメ美術館。太田記念美術館で観た『ギメ美術館展』の北斎の「虎図」も、可愛気があったのを思い出した。虎は、日本人に愛されていたのだなあ。
 
 この展覧会、3階の他に、地下2階にも「信仰の世界」と題して、絵馬や船の模型などが展示されている。
 江戸時代、民間信仰として、お伊勢参りとともに盛んだった金比羅参り。四国で本州とは離れているのに、どうしてそんなに親しまれたんだろう、と興味は美術以外のところにも。だって、後世の、海とも、四国とも縁が薄い私でさえ歌を知っているんだから、そりゃあ相当なものだろう。

 
 ところで芸大大学美術館は、エレベーターホールと階段が向かいあわせの位置ということもあるが、1階のエレベータホールで年配のお客が多いと「階段がおつらい方はエレベーターをご利用ください」、若い人が溜まっていると「階段もご利用ください」と、臨機応変に誘導していた。そうそう、これがいいのよね。自分一人に「階段がおつらい方は~」って呼びかけられると、それはそれでガッカリする人もいるだろうけれど、こういう誘導なら気にならないし、親切。
 『パルマ展』(国立西洋美術館)で忘れ物をして送ってもらったので、お礼のメールに、お節介ながら例の階段を一段ずつ降りていた人のことを書き添え「階段の下り口に、エレベータの案内表示があれば」とお願いしてみた。その後どうなっているだろうと思って、帰りに西洋美術館に寄ってみたら、エレベーターの前に大きく「エレベーター」の表示が出ていて、前回よりもわかりやすくなっててnice!
 

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »